手作り代行のオーダーはどのように進むのか?【ご相談開始編】


お問い合わせ後、材料やデザインが決まるまでの様子です。

 

例としてお話をすることにご協力をいただいた方のご依頼は幼稚園の入園のための準備物でした。

 

お問い合わせ後、ご相談にあたり、まずお聞きするのは、

何が何点必要なのか?
・それらが各サイズどのくらいがいいのか?
・どんな仕様のものなのか?

 

です。

この仕様指定は、たいていどの幼稚園、小学校にもプリントとして配られますよね。
ご依頼のときは、このプリントを画像でお送りいただくか、コピーして郵送いただくかすると、たいへん助かります。

この方はプリントの写真をメールにて添付くださいました。
以下がご希望のお品7点です。

 

手提げ袋=w45センチ×h30センチ
・体操服入れ(巾着)=w35センチ×h40センチ(巾着で持ち手つき)
・お着替え入れ(巾着)=上記体操着入れと同じ仕様
・上履き入れ(巾着)=w22センチ×h28センチ
・お弁当袋(巾着)=370mlのお弁当箱と3点カトラリーセットが入るもの
・コップ入れ(巾着)=100~150mlの子供コップが入るもの
・ポケットティッシュケース

※袋物には全てに5センチ×8センチの白地布に名前を書いて右側に付けること
※体操着入れとお着替え入れは同じ仕様なので、布を変えて区別がつくようにすること
※キルティング不可で薄めの木綿などで作ること


という幼稚園の指定です。(お弁当袋とコップ入れはお客さまのご希望サイズ)

これだけの情報で、布がどの程度必要で、あと何が必要かがわかります。
ここで、標準的な材料を使うとどのくらいの材料費がかかるかわかるので、概算の予算がご提示できます。
あくまで目安のお値段となります。


これらをお聞きしたら、次はどういったデザインや色がいいのかお聞きすることになります。