手作り代行のオーダーはどのように進むのか?【材料ご提案編】


場合によっては、何時間、何日にもなる材料探しから、ようやくピックアップできた材料たちをご提案させていただくというお話は、手作り代行のオーダーがどのように進むのか第4回目となります。

 

今回、例に挙げてお話しているお客さまからは、このお店がイメージに近いと教えてくださったので、わりとスムーズにピックアップできました。
それでも、何時間か悩んだんですけどね・・・。

いつも、お客さまのご希望な『●●風』『□□色』『■■系』という表現を念頭に生地を選びます。

おそろいっぽくがいいかな?
こんな組み合わせもいいかな?
私はこういうのも好きです
などなど

と、メールに各生地の商品ページのURLをリンクにしてご提案します。
お客さまに、そのURLから実際のお店の商品ページを見ていただきます。


こうやってご提案する時、お客さまのご希望を入れながら、ほぼ私の好みだったりします。
それで、お客さまに生地を選ぶ基準ができるので、もっと突っ込んだご希望が聞けたりするんですね。

たとえば、こういう色ではなくてこんな感じの色の方がいいとか、もう少し柄がどうだったらいいとか・・・
それを聞かせていただくことによって、私の好みだったものが段々お客さまのご希望に近づいていくわけなんです。

それと同時に、デザイン的なご相談も進んでいったりします。
内側の生地や持ち手、巾着の紐の色などですね。

ご相談は、何通ものメールのやり取りとなります。
このあたりのご相談中が皆さん、ワクワク楽しいとおっしゃってくださいます。
手作り代行、お気軽にご相談くださいね。